刃牙の作者が受験漫画を書いた時にありがちなこと

勉強する花山薫


1:ワンワンピース速報

テスト前の追い込み時は眠気覚ましにガラス片を口に含んでいる


2:ワンワンピース速報

進学校「一つ教えといてやろう」

「君等のいる場所は我々はすでに三千年以上前に通過している」

烈海王の名言


3:ワンワンピース速報

試験前に炭酸の抜けたコーラで糖分補給

炭酸抜きコーラを飲む刃牙


4:ワンワンピース速報

浪人生「長生きした分、コンマ1ミリだけ儂の方が上だったな」

渋川と愚地独歩の対決


5:ワンワンピース速報

地下試験場


6:ワンワンピース速報

「面接試験とあれば中・高・大を問わず ジャケットの着用は必然ッッ」
「それを十八にもなろう大和男子が」

「ゴメン…ちゃんと教えられたことなかったし」

「イヤミか貴様ッッ」


8:ワンワンピース速報

面接官「アハハ ちょっと緊張しちゃったかな?」


勇次郎「挑発するにせよ言葉を選べ。かりそめにも…」

「この俺が怖じ気づくなどと…!」

怒る勇次郎「かりそめにもこの俺が怖気づくなどと」


10:ワンワンピース速報

中学校教師・田中一郎はその時の事をこう述懐する


12:ワンワンピース速報

>>10
これはあるあるwwwww


11:ワンワンピース速報

「あの…裏口入学があるって本当ですか?」


(野郎……タブー中のタブーに触れやがった…………)

本部以蔵


14:ワンワンピース速報

極めると試験会場にたどり着けなくなる

極め過ぎて危機へ辿り着けない渋川


15:ワンワンピース速報

なんていうか・・・えっ?
いやいや、私が逆立ちしたって無理ですよ!電卓使ったって勝てるかどうか・・・
でも、教師としては言っちゃいけないんでしょうけど
憧れちゃいますよね、人としてあの生徒の計算力・・・


16:ワンワンピース速報

手がペンだこでやたらとボコボコしてる


17:ワンワンピース速報

無知な受験生にはたどり着けぬ極地がある・・・・・・・・・
薬物と滅びゆく肉体とのせめぎ合いの果てッ
薬物を凌駕する例外の存在!!!
日に30時間の勉強という矛盾のみを条件に存在する肉体
10数年その拷問に耐え
俺は今 日大を超えた!!!
20:ワンワンピース速報

>>17
10数年で日大wwwww


19:ワンワンピース速報

「休憩を要求する脳が苦痛【サイン】を送り続ける これを無視して更に勉強を続ける―」
「すると脳ってヤツはオモシロイことを始める」
「苦痛を取り去っちまうんだ」
「なくなるなんてもんじゃねェ気持ちよくなっちまうんだ」
「それはエンドルフィンという分泌物によってもたらされる」(中略)
「一流といわれる受験生 一流といわれる浪人生 彼らのほとんどはこの体験を経ている!!!」


18:ワンワンピース速報

烈「バカにうれしそうじゃないか。打ちのめされているのは100歳を超える老人だというのに」

バキ「老人…?」

「バカ言ってるぜ……」


「相手はキャリア140年の超受験生だぜッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


勉強する花山薫


勉強する花山薫 (2)


勉強する花山薫 (3)


  1. でも、国語、英語 歴史 公民 科学 生物は
    神がかり的なピッチで吸収したんだろ?
    苦手科目が一つ位あっても・・ね。
    九九が出来んのはちょっときついが。
  2. 持ち込み可の試験を何も持たずに受験して、
    「ノートがあればこの試験の結果は……」
    と言い出す。
  3. 本部がジブリ顏で笑った
  4. コメ消すだろ…
  5. 勉強しないで試験にのぞむ「決着を畏怖れるな」
  6. 最後の花山でわろた
  7. 試験会場に辿り着けない
  8. 花山頭悪すぎw

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する