【ゴールデンカムイ】 ネタバレ 最新100話 『大雪山』 あらすじ

ゴールデンカムイ最新100話のあらすじネタバレです。


ゴールデンカムイのネタバレ 最新100話 (3)


飛行船で移動している杉本たち。


白石「ひょお~飛んでるぜ俺たち!!」

「このまま網走まで飛んでいけるんじゃねぇの? 向こうでのんびりキロランケたちを待とうぜ!!」

杉本「小樽を出てからもう二ヶ月以上かかっちまってるからな……」

「急がねぇと」


プスン



スン…


エンジンが止まってしまう。


杉本「おい なんか止まったぞ 白石直せるか?」

白石「どれどれ?」


あれこれ見てみるも全く原因が分からず、発狂し始める2人。


白石「キッ キキッ」ボン

杉本「ウキッ」バン


杉本「ウキーッ ウキーッ」バンッ

白石「ウキーッ ウキーッ」バンッガンガン


エンジンをガンガン叩き始める2人。
そこに真面目な顔で割って入るアシリパさん。


ゴールデンカムイのネタバレ 最新100話



アシリパ「ウキーッッ!!」ガン

尾形「やかましいッ!!」


飛行船は徐々に高度を下げ、風の吹くままに飛んでいく。

目の前に広がるのはバウチカムイの砦と言われる急な岩場。


アシリパ「パウチカムイは淫魔であまり心の良くない神様だ 取り憑かれるとその人間は素っ裸になって踊り狂う」

白石「ハッハッハッ そんな馬鹿な…」

「アイヌは想像が豊かだねぇ」


そのまま森に不時着し、森の中を歩く一同。


杉本「第七師団の兵営から東に40キロくらいは移動できたな」

尾形「馬に乗って追って来る兵士が上空から見えた あんな目立つものに乗っていたんだからおおよその位置は把握されている」

「グズグズしてたら追いつかれるぞ」


アシリパ「杉元の出血が止まらない」

「手当しないと」


「レタンノヤ…『ノコギリソウ』を見つけた」

「葉をもんで塗れば止血の効果がある」


ナレーション:
エゾノコギリソウ
亜高山帯に生える多年草
別名「兵士の傷薬」


杉本「鯉登少尉が撃った拳銃は26年式…」

「『豚の鼻に当たってポトリと落ちた』で有名な低威力の拳銃さ そんな銃で俺が殺せるかよ」

「鈴川は豚の鼻より弱かったが…」


アシリパ「鈴川はやっぱり殺されたのか……」


とそこで第七師団の追手が、双眼鏡で杉本たちを捕らえる。


尾形「急げッ 大雪山を越えて逃げるしか無い」

杉本「マジかよ この山を?」


大雪山は峰が完全に雲の上に出るほどの大きな山。
さらに雲行きが悪くなっていく。


アシリパ「まずいぞ 天気が急に崩れてきた」


杉本「風が冷たいッ」

白石「真冬みてぇだ」

アシリパ「どんどん風が強くなる」

「雨も降りそうだ」


白石「この高さだと燃やす木が生えてねぇ!! 戻って下山しよう」

尾形「馬鹿を言え 追っ手が来てるんだぞ!」



ナレーション:
大雪山は北海道の最高峰である旭岳をはじめ
20連峰におよぶ標高二千メートル級の山々の総称である



「残雪に穴を掘って避難するか?」

「ダメだッ 身を隠せるほど雪が残ってない!」


急にブツブツ独り言を始める白石。

アシリパ「白石の様子がおかしいッ」

尾形「風をよける場所を探すんだ!! 低体温症で死んじまうぞ」


そこでエゾシカの群れを発見。


アシリパ「ユクだッ」

「杉元 オスを撃てッ」

「エゾシカを撃つのか?」

アシリパ「大きいのが3頭必要だ」


尾形がすぐさま銃を構える。


パパシュウ


驚く杉本「2頭同時に…ッ!!」


さらにもう1匹仕留める尾形。


アシリパ「急いで皮を剥がせッ 大雑把でいい!!」


白石は全裸で踊り出している。


杉本「白石を捕まえろ 低体温症で錯乱しているッ」

アシリパ「パウチカムイに取り憑かれた!!」


エゾシカの胴体に身を隠し、その上を雪で覆って隠れる一同。

第七師団がその横を気づかずに駆け抜けていく。


アシリパと同じエゾシカに入っている杉本。


ゴールデンカムイのネタバレ 最新100話 (2)



アシリパ「傷は痛むか? 杉元」

杉本「うん大丈夫…明日の朝には良くなってるさ」


アシリパ「鈴川は……苦しんだか? どうやって死んだ?」


目を伏せる杉本。

「アシリパさん 鈴川は悪人だ」

「悪人は人の心が欠けているから普通の人間より痛みも感じないはずだ だからいちいち同情しなくていい」


アシリパ「子供だと思ってバカにしてるのか? そんな理由でごまかすな」


杉本「俺はそう思うようにしてきた…」

「戦争のときもロスケは俺たち日本人とは違って苦しまずに死ぬはずだって…… 戦場では自分を壊して別の人間にならないと戦えない」

「俺たちはそうでもしなきゃ生き残れなかったんだ」


アシリパ「みんな元の人間に戻れなかったのか?」

杉本「戻れた奴もいただろうさ」

「故郷へ帰り 家族と過ごす時間で元の自分を取り戻せるのかもな」

「日本に帰ってきても元の自分に戻れない奴は」

「心がずっと戦場にいる」


背景には鶴見をはじめ第七師団の面々が。


モグモグ…

杉本「アシリパさんなんか食べてる?」

アシリパ「シカの肝臓だ」

「杉元も食べろ たくさん血を失ったんだから」


「脳みそも食べたいけど 風がおさまるまで我慢しよう」

杉本「アシリパさんはホントに脳みそが好きだねぇ」



アシリパ「杉元はオソマ以外になにが好きだ?」

杉本「食べ物? 干し柿かな…」

アシリパ「なんだ?それ」

杉本「そうか…北海道には柿の木が無いんだっけ」

「食べると渋い柿の実を乾燥させたものさ 干すとすごく甘くなるんだ」


「もう何年も食べてないな 最後に食べたのは…」

「戦争へ行く前だ」


アシリパ「戦争から帰った時に食べなかったのか?」


故郷に戻り、目の見えない梅子に声をかけられたときのことを思い出す杉本。
思わず目を伏せて答える。

「春だったから無かったんだよ」


アシリパ「そうか……」


「杉元も干し柿を食べたら」

「戦争へ行く前の杉元に戻れるのかな」


思わずこみあげる杉本。


ゴールデンカムイのネタバレ 最新100話 (4)



梅子と寅次、3人でいた頃の光景が浮かぶ。

たまらず杉本が目を覆う。


アシリパ「すべてが終わったら…杉元の故郷へ連れて行け」

「私も干し柿を食べてみたい」

「いいな?杉元」


■生きて帰る。約束だ。


ゴールデンカムイ 101話へ続く。


  1. 梅子についてはどっちかってと、戦場から戻って来て出来ることがないからこれ以上壊れないように取り敢えず今の自分が生きる理由にしてただけって感じ受けてる。
    谷垣で言う所の「狼の毛皮」みたいな。
    その谷垣はレタラを廻るやりとりで負傷してコタンに連れてかれて、フチやオソマ親子に優しくされたり、他のみんなが囲炉裏かこってアハハウフフ団欒してるのに当てられて早くもひとり涙浮かべてた。
    杉元もやっと泣けたな。
  2. 杉元も、アシリパもお互い本当の目的を言ってないんだよな
    杉元の目的は読者は知ってるけど
    アシリパさんにもアシリパさんの目的があるって言ってたけどなんだろうか

  3. 「置いていくな」じゃなくて「連れて行け」きたね
    梅ちゃんのときは置いていったわけだけど、はっきりとした対比?

    しかしこういう会話をされると、両方死にはしないと思うんだけど、一旦離れなくちゃいけなくなったりする展開の前触れかと思っちゃうな
    尾形は機会があれば切り札のアシリパさんを攫って出し抜くくらいはするんかな?
  4. 泣いた
    アシリパを抱きしめる絵でも泣いた
    こんなにすぎもとがアシリパに自分の話したの初めてだよな
    深くは聞かずに、でも深いところに響くことを言ってくれるアシリパちゃん!
  5. 杉元はアシリパさんに「人としての生きなおし」をさせてもらってるんだよね・・・
    前も鹿の命をいただいくことを説かれてた。
  6. なんでまだ発売してない号の話がレビューされてるんだ?

    意味不明
  7. 何この心温まる話!って思ったら
    やっぱり安定の白石
  8. 今回の話いいなー
    傷は大丈夫か?って聞いてるコマの夫婦感がすごい
  9. アシリパは狩りは凄腕で先週は乗馬も出来てたし
    今回逆プロポーズまでするとか行動が漢だからヒロイン枠は白石なのかw
  10. 自分もプロポーズっぽく感じた。
  11. ぐっと来たなぁ、今回の話は。
    アシリパさんと杉元が無事に故郷に戻れると良いんだが…。
  12. 「私をあなたの故郷へ連れて行って」って完全にプロポーズだよね
  13. 梅子は頑固そうだから未亡人としてトラジへの愛を通しそうだなぁ
  14. ※6
    ヒロインは梅子でなくシライシだろ
    ヒロインの裸踊り早く見たいような見たくないような
  15. いい雰囲気なんだけど杉元にとって益々アシリパが大事になってしまう話だよなコレ。
    もしアシリパが傷ついたとき、以前より増して暴虐っぷりが加速したら恐ろしい。
  16. 近接戦以外の尾形有能オブ有能
    しかし、風呂にも入れない、洗濯もできないのにシカの体内で過ごすってすっごい生臭くなりそうだな…
  17. 目まぐるしく空気がかわって面白い
    ギャグ シリアス 感動
  18. 梅子は杉本の動機ではあるけどヒロインではないと思うわ
  19. 雪山で素っ裸になって発狂するで八甲田山思い出した
  20. 杉元( ; ; )
  21. 梅子さんはヒロインにしては出番が少なすぎて影が薄いんだよなあ
  22. 肝臓生で食うのか…死ぬぞ
  23. 杉元自身が干し柿にされてしまうフラグじゃないだろうな
  24. ラストは杉元の故郷に二人で帰り干し柿をさあ食べようかで終わるのか
    それともアシリパさん一人が杉元の故郷に行き梅ちゃんに干し柿をもらって終わるのか

    二人して故郷に行って欲しいなぁ
  25. パウチカムイは、寒すぎると体温に対しての感覚が狂って暑く感じる様になる症状から来てるんだろうな
  26. アシリパさん杉本に惚れてるけど結婚はどうだろうな
    梅子ちゃんの立場が…
  27. えぇ話や…
  28. もう結婚すればいいんじゃないかな
  29. 白石ワロタ
  30. 神回…

    鹿に入るのレヴェナント思い出した
  31. 100話にふさわしい良い話だな。頑張れサル軍団!
  32. 白石さんあっさり杉元と仲直り(´・ω・`)
  33. 尾形に突っ込まれるアシリパさんカワイイw
  34. 今回は心に染みるな・・・・・
  35. 前半と後半でアシリパさん別人かと思うわ
  36. 安定の白石w
  37. 杉本もなんだかんだ人の心が残ってるんだなぁ
    泣けるわ今回

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する