【ボルト】 ネタバレ最新13話 『切り札の価値』 あらすじ 【→14話】

ボルト(BORUTO)13話のネタバレです。

ボルト ネタバレ 最新(01)





扉絵はチョウチョウとサラダ。


『私たち、スペシャルなの。』


■友情を育んだ意外な護衛任務も一件落着!! しかし、そんなボルトの元に…!?


サラダ「ところでボルト」

「どうだった? 例の護衛任務は」


ボルト「ん?あぁ」

「それがよォ…」

「大名の息子の…『テントウ』っつーんだけどさ」

「まァ案の定超甘やかされまくりのクソお坊ちゃま君でよォ…」


「絡みづれーしマジ無理って最初のうちは思ってたんだけどよ…」

「でもちゃんと話してみたら案外イイ奴でさ」


「最終的にフツーに友達になったぜ」


サラダ「ふぅん…」


ドアを開けるボルトが驚く。


ボルト「!」

サラダ「げぇっ…!」


ボルト「まーた散らかってるってばさ…」


木の葉丸「おう来たかお前ら!」

「足元気ィつけろよ」


サラダ「またミライさんに怒られるよ先生…」

ボルト「まさかこれ全部片付けるために呼び出されたンじゃねーだろなァ」

木の葉丸「バカ言え!」

「オレがわざわざ執務室まで呼び出してんだ コレに決まってンだろコレ!」


ボルト ネタ<br />バレ 最新(03)


パソコン時代のくせに巻物を取り出す木の葉丸。


ミツキ「!」

サラダ「…それって…」


木の葉丸「お前らの新しい『任務』だ」

「それも『Bランク』のな!」

ミツキ「………!」

サラダ「『Bランク』って……普通なら中忍以上が担当する高難度任務ですよね?」


木の葉丸「そうだ」

「だがお前らならやれると判断した」


ミツキ「そう珍しい事でもないよ」


ボルト ネタバレ 最新(02)


「今の風影様も下忍時代にBランクをクリアしてる」


ボルト(我愛羅のおっちゃんか…)


サラダ「………」

(かつて風影様が通った道か…)

(火影を目指す身としてはこのくらい当然よね…!)

(やってやろうじゃない!)


ボルト(下忍のオレらがBランク任務……?)

(我愛羅のおっちゃんがこなしたような高難度だって…?)

(それってスゲェーじゃん!!)


木の葉丸「ただしお前ら気ィ抜くなよ」


ボルト ネタバレ 最新(05)


「期待が大きいってことはその反面…」

「失敗した時の評判の落ち方もハンパじゃねえって事なんだからな」


ミツキ「!」


木の葉丸「下手すりゃそれこそ…」

「この部屋の雑巾がけからやり直しなんて事にもなりかねねーんだ」


ボルト「………」


木の葉丸「もちろんそんなのはゴメンだろ…?」

「根性見せろよお前ら!」


ボルト ネタバレ 最新(04)


一同「「オウ!!!」」



木の葉丸の執務室を後にするボルト。


ボルト「Bランク任務か…へへっ」

「ぜってー成功させてやるってばさ!」


ゴソッ…


ボルト ネタバレ 最新(06)


ポケットの中に何かを発見するボルト。


「!」

「ん…?」

「何だコリャ」

「!!」

(え……!?)


ポケットに入っていたのはゲマキのレアカード。


ボルト ネタバレ 最新(07)



(こ…………)

(“このカード”は…!!!)


(……………)

(間違いねェ本物だ……!!)


(ずっと欲しかった“あの”超激レアカード…!!)

(なんでコレが………)


「あいつ…!」


ボルト ネタバレ 最新(08)


テントウの言葉を思い出す。


『そのカード欲しいの?』

『あげようか?」


ボルト「……」

「オレが受けとんねーからってこっそりポケットに…?」

「ガキのくせに変な気イ利かせやがって……」


「……………」

「………………」


「ん—————…………………」

「………」


「イヤ……クッソ欲しいけど……」

「やっぱコレはもらえねーわ……」



ボルトはテントウの宿泊している木の葉山荘へ。

外から部屋のバルコニーへと侵入していく。


「…にしてもテントウの野郎…仮にも忍者のこのオレのポケットに物を忍ばせやがるとは…」

「このまま驚かされっぱなしじゃシャクだかんな」


ボルト ネタバレ 最新(09)


「ここは忍者らしく颯爽とバルコニーから登場してやんぜ」


「……」

「えーっと……」

「あいつの部屋は」



男「くそォッ」

「どこのどいつだッ」


ボルト(ヤベッ見つかった!?)

(…フツーに入口から入りゃよかったぜ…!)


ボルト ネタバレ 最新(10)


男「テントウを誘拐するなど…!!」

「見つけたらただでは済まさんぞッ」


ボルト(…………)

(…誘拐………!?)



男2「犯人は自ら『狢(ムジナ)』を名乗っています」

ボルト「!」

(「狢」………!?)

(一体何が……)



大名「例の強盗団か…クソッ!」

「要求は何だッ」


家来「………」

「現金五億両……!」

「…それに………」

「特別刑務所『鬼灯城』収監者全員の釈放です」


大名「!」

「…な……」

「何だとォ…!?」



家来「木の葉の忍に依頼を出しますか? あるいは…」


ボルト ネタバレ 最新(11)


大名「ならん!」

「恐らく奴らはこちらの動向を監視している…!」

「木の葉もしくは我がスタッフ内にスパイがいるはずだ…!」

「だからこそこのタイミングでテントウを誘拐できた…!」


「今下手に動けば…」


ボルト ネタバレ 最新(12)


「テントウの身が危ない……!!」


ボルト「……!」


大名「スパイの所在がはっきりしない以上事を荒立てるのはまずい…!」


「金の受け渡し場所は?」


家来「………『ポイントC66』…ですが」

「まさか要求を呑まれるので!?」


大名「バカな……!」

「鬼灯城の悪人(クソ)共を解放などできるものか…!」

「なんとか交渉で落としどころを探るしかないだろう」

「とにかく金を用意するんだッ」




ボルトが急いでどこかへ向かう。


ボルト ネタバレ 最新(13)


(何てこった…!クソッ)

(テントウ…!!)



【サラダの自宅】


目を閉じたままクナイの練習をするサラダ。

右手で投げたクナイは的のど真ん中を射抜く。


ボルト ネタバレ 最新(15)


さらに両手で4本連続で投げるが、綺麗に的を囲むように命中。


サラダ「………」

(絶好調……!)

(Bランクでも何でも来いだよ)



コンコン


突然窓がノックされ、ビクッとするサラダ。



サラダ「えっ!?」


ボルト「サラダ!」

「いるか?」



サラダ「ボルト!?」

ボルト「………」


ボルト ネタバレ 最新(14)


「わりィこんな時間に」

「ちょっといいか?」


サラダ(……!)

「……………」

「どうしたの……?」


ボルト「………」


「あの任務……」

「行けなくなった」

サラダ「………」


しばらく黙る2人。



サラダ「大事な用なの?」


ボルト ネタバレ 最新(16)


ボルト「ああ」


サラダ「……」

「話せない事?」


ボルト「……」

「…ああ」


サラダ「………」

「わかった」


「こっちはあたしとミツキで上手くやるから」

「そっちもしっかりやんなよ!」


ボルト「ああ…!」

「恩に着る!」



ボルトがさっそく出発する。



サラダ「………」

「…ったく……」

「ホンットしゃーんなろーだよ…!」

「あいつ…!」


ボルト ネタ<br />バレ 最新(17)





場面変わり、どこかの廃墟。


テントウ「ンー!」

「ンンー!!」



顔に被せた布を剥ぎ取る男。


テントウ「ブハッ!」


苦しそうに顔を上げたテントウの前には、謎の忍たちと付き人ヤマオカの姿。


ボルト13 ネタバレ 最新(05)


ヤマオカ「…やあ ぼっちゃま」

「気分はどうかな?」


テントウ「……!」

「ヤマオカ…!?」


「え……!?」

「どういう事…!? これ…何なの…!?」


ヤマオカ「…あー…イヤ これは失礼…」

「自己紹介がまだだったな…」


ブチっと髪の毛を引き抜くヤマオカ。

すると全身の骨格が変わり、全く別のデブ男へと変身する。



テントウ「…………!」



デブ「プフゥ~~~」


コキコキっと首を鳴らすデブ。


絶句するテントウ「……………………」

「…ヤ………」

「ヤマオカ…………!?」



デブが咥える葉巻に部下が火を点ける。


「本物のヤマオカはもう死んでる」

「ずいぶん前にな…」


テントウ「………!?」



ショジョジ「『屍分身の術』…」


ボルト13 ネタバレ 最新(03)


「対象の『姿』を『記憶』を『能力』喰らう禁術だ」


「ついでに『命』もな」


テントウ「………」


ショジョジ「オレの名はショジョジ……」

「こう見えて お前のだァい好きな『忍者』さ…」


テントウ「……!」


「フゥ~~~~~~」と煙を吐き出しながらテントウの前に座り込むショジョジ。

思わずビクっとなるテントウ。


ボルト13 ネタバレ 最新(02)


ショジョジ「オレもなってンのかな?」

「例の『忍者カード』によ…」


テントウ「…………」

「…し……」

「…知らない……………」

「…見たこと……………ない………」


ショジョジ「なンだ そうか…」

「確か大蛇丸の野郎はなってンだよなァ……」

「オレも似たようなモンだと思うんだが…何でねえんだろうなァ~~…」



テントウ「…………」

「…ボ……ボクを………」

「…どうするの……!?」



ショジョジ「オレたちはお前のパパに用がある」


ボルト13 ネタバレ 最新(01)


「今 少々無茶な要求を突き付けてるとこなんだ…」

「もちろんタダでとは言わねえ」


グイっとテントウの襟首を掴み、持ち上げるショジョジ。


「お前と引き換えって訳さ…」


「お前いつも言ってたよなァ…カードになるようなスゲー忍者になりたいって」


テントウ「が………あ……」


ショジョジ「ヘッヘッヘッ」



ボルト13 ネタバレ 最新(04)



「笑わせんじゃねェぞバカが…!」

「お前がなれるのはせいぜい『大名との駆け引きのカード』……」

「ただのそれだけだ」



ドサっと乱暴にテントウを投げるショジョジ。


テントウ「あッ」



カラン


ポケットからボルトに貰った手裏剣と七代目火影のカードが堕ちる。


『ははっ! やりゃあできんじゃねーか!』というボルトの言葉が蘇る。




『オレさ……今はまだこんなだけど』

『いつかさ……火影を支えるスゲー忍になりてーんだ』


ボルト13 ネタバレ 最新(06)



次々にボルトの言葉が浮かぶ。

歯を食いしばるテントウ。



ショジョジ「大名からの返事はまだか?」

家来「…ええ まだ何も」


ショジョジ「ちっ…煮え切らねえ野郎だ……」


とそこで何かに気付くショジョジ。


テントウがあの手裏剣でロープをほどき、ショジョジに向かって手裏剣をツkぢアしていた。


ショジョジ「………」

「ほォん………」


テントウ「…ボクを………」

「…なめんな………!!」



だがショジョジは興味無さそうにまた葉巻を吹かす。


「そんなオモチャでどうする気なのか興味はあるがな……」

「やめとけ」

「取引前にケガでもされたら面倒だ」


テントウ「お前は………」

「忍者なんかじゃない」


ボルト13 ネタバレ 最新(07)


「お前みたいなクズ……忍者だなんて誰も認めない!!」

「だからゲマキのカードにもなれないんだ」


ショジョジの目つきが変わる。

「……」

「…あ”?」


テントウ「………」

「…ボクは………………」

「…………」


「忍者みたいに……強くはないけど……!」


手裏剣を持ち直すテントウ。


ショジョジ(…このガキまさか……)


ボルト13 ネタバレ 最新(08)


テントウ「“こうすれば”………」

「パパの役に立てる!!!」



自分の胸に手裏剣を刺そうとするテントウだったが、巨体に似合わぬスピードでショジョジがそれを阻止。
テントウに馬乗りになり、手裏剣を奪ってしまう。



ボルト13 ネタバレ 最新(09)

「見上げた野郎だ…」

「まさかそう来るとは思わなかったぜ…」

顏を押さえつけられ身動きがとれないテントウ。

テントウ「…………」

ショジョジ「大事な命を祖末にしちゃいけねぇな…」

「だってよォ…」

「『屍分身』に使う『顏』を取り込むには」

「“生きたまま”『脳を食う』必要があるんだからなあァ…」

カパァと口を大きく開くショジョジ。
そして、テントウの頭にかぶりつく。

テントウ「…い………」

メリメリと音がなる、痛みに叫ぶテントウ。

「…ああああああああ」



その時、ショジョジの顏に蹴りが入り飛ばされる。
しかし、受け身をとるショジョジ。

ボルト「テントウ………」

「お前ちょっとヤベーぐれー根性あンじゃねェーか…!」

ボルトの背中を見て涙がにじむテントウ。

テントウ「…………」

「…ははっ……!」

「…遅いよォ………!!」

「ボルトォ!!!」

ショジョジはツバを吐きながらボルトを見る。

ショジョジ(…火影の息子……)

ボルト13 ネタバレ 最新(10)

ボルト「後は任せな…こっから先は」

「忍者(オレら)の仕事だ」

■来た、来た、!!! テントウ、危機一髪にボルト参上!! 次回、超バトル開幕!!

  1. 絵は時期に良くなるだろうから
    楽しんでみようや
  2. いらんで
  3. ショジョジのデザとキャラはいいな。単に子供描くのが上手くないのか?
  4. なんかテンプレみたいな内容だな…
    週間ならともかくこの内容で月一は流石に退屈
  5. 波の国編は最初は低いランクだったけど実際は…ってやつだったね。
  6. アニメのような作画にしてほしい
  7. 鬼灯城って映画に出てきたやつだよね
  8. ナルトに伝えれば…
    まあ物語的には仕方ないか
  9. サラダかわいい
  10. このマンガいる?
  11. 女キャラはホントブサイクだなこの人
  12. 女描くの下手過ぎ
    もう男だけ描いてろよ
  13. 「遅くなって悪かったな、ヒーローってのは、遅れて登場するもんだからよ…」ってセリフを期待しちまったじゃねーか!
  14. 絵はもう慣れたからいいけど 
    もう1年くらい経つんだしそろそろ週刊連載してほしい
    アニメもいつまでもオリジナルやってられないだろ
  15. ストーリーは良いんだけど、絵がなぁ…他にいなかったのか?
  16. アニメも相まって漫画も好きになってきた。隔週で連載にして欲しいわ。
  17. 波は本来はAランク級だが、その要因のザブザはカカシが相手にしてるし、ナルト達下忍が担当したレベルはBランクじゃね?
    暁との戦いは確実にSランク任務だが、あの時は下忍試験受けてないだけだし。
    あと対外的にはCランクだったという事になってる。
  18. サラダ服装はなんなんだ...
  19. ナルトとサスケは下忍時代が長すぎて参考にならないんだよなw
    波の国編の任務のランクってどうだったんだっけ?
  20. なんか全然上手くならないような・・・絵が・・・
    なんか頭身からもう・・・
  21. ちょっと面白くなってきた
  22. にこめ
  23. 1コメ!!!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する