【ネタバレ注意】ナルト最新679話までを四コマで振り返ろう

ナルト677話 ネタバレ


ナルト664話から最新の679話までをダイジェストで振り返ってみましょう。
四コマ漫画、中国語ですが雰囲気は伝わるはず、たぶん。


NARUTO 664話「父親だから」

ナルト 664話.jpg

ガイ「青春パワーマックスで皆のところに行くぞ! リー、テンテン!!」
リー「ハイっ!でもバッテバテですよ先生!」
テンテン「心に身体が全く付いていってないじゃん!」

ガイ 「いや、得たいの知れない恐怖が近づいてる気がするのだテンテン!」

六道の宝具が直撃。

「ぎゃああああ!!」

六道マダラが邪魔だ、と吐き出した宝具が二人を直撃。
他にも、カリンがサスケのチャクラを探知、何やらヤバい感じのチャクラを感じる!なんていってましたね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NARUTO 666話 「二つの万華鏡」

なぜか665話がないっぽいです。

ナルト 666話.jpg

オビトはマダラから六道チャクラを奪い、さらに一尾と八尾のチャクラも引っ張り出します。
そしてオビトとカカシは最後の作戦に出ます。
2人同時神威でオビトは瀕死のナルトの待つ時空間へ。
カカシに求道玉が襲い掛かりますが、間一髪で木の葉の碧い猛獣ガイ先生が到着!!
珍しくガイ先生がイケメンに見えた回でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NARUTO 667話「木の葉の碧い猛獣」

NARUTO 667話.jpg

六道マダラには仙術攻撃か体術しか効かない。
しかしミナトは仙術が苦手な上に、カカシも我愛羅も体重は駄目…というわけでガイ先生の出番が!
いきなり八門遁甲の第七門、驚門を開門! 昼虎をマダラにぶち込みますが、全く効いてない様子。
諦めかけのカカシに、ガイは言います。
ガイ「諦めるのは早い、望みを捨てるなよ! 確かに望むことが全てできるわけじゃない…
   だが挑戦しないことには始まらん!」
カカシ「ガイ、まさかお前…」

ガイ 「木の葉の紅き猛獣となる時が来たようだ…!」

決死のガイ先生!
ちなみにこの頃、サスケがカブトに助けられてたことが判明。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NARUTO 668話 「紅き春の始まり」

NARUTO 668話.jpg

リー 「先生…」

ガイ 「そんな顔をするなリー、今度はお前が笑って見てろ」

第八門を開けながら、ガイの回想。
暑苦しい親父マイト・ダイに鍛えられた幼少時代。
万年下忍とバカにされる親父の姿。
八門遁甲という技の存在、そして忍刀七人衆との遭遇…

「今こそ大事な人を守るとき!」

第八門の死門をこじ開けたガイは必殺技の夕象を繰り出す!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NARUTO 669話 「八門遁甲の陣」

NARUTO 669話.jpg

夕象を繰り出し、マダラをフルボッコにするもあまりダメージはない様子…
マダラを守る陰陽遁のシールドをカカシ、ミナト、我愛羅、リーらの協力もあってこじ開けることに成功!
渾身の一撃が炸裂するも、苦しむどころか「このワクワク感は柱間以来だ、HAHAHA-」とテンション上がってるマダラ。

ガイ(夕象でも駄目だとは…)

同時刻、やっと目を覚ますナルト。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NARUTO 670話 「始まりのもの」

NARUTO 670話.jpg

目覚めると、目の前にいたのは六道仙人。
彼の話をまとめると…
ハゴロモの母、大筒木カグヤは遠いところからやって来た。
神樹の実を食べ、大いなる力を得て戦乱の世を治めた。
カグヤは二人の子を産み、その片割れがハゴロモ、すなわち六道仙人。
兄弟は母の罪を贖うため、十尾と戦い、封印した。
十尾はチャクラを取り返すべく具現化した神樹の意思だった。

そしてハゴロモも2人の子を産む。
優秀な兄インドラとダメダメな弟アシュラ。
兄は優秀だったが、個の力に拘りすぎた。弟は出来は悪かったが、和の力を大事にした。
そして助けあううちに、六道の肉体の力に目覚めた。
ハゴロモは弟アシュラを後継者に指名、それが原因で永遠に続く兄弟げんかが勃発。

ナルトはアシュラの転生者、という超展開で次の週へ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NARUTO 672話 「夜ガイ」

NARUTO672話.jpg

生き返ったナルト、サスケが遂に動く。

一方、ガイは最後の力を振り絞って"夜ガイ"を繰り出す。
カカシはガイとの初めての出会いを思い返していた。
アカデミー入学試験。忍術を使えないガイは当然試験に落ちるが、カカシの父サクモは
「あの子はお前より強くなるよ」と自信満々に語る。

カカシ(その通りだったな、ガイ…)

マダラ「ふははは!死にかけたぞ、こ奴め!」
相変わらず言葉遣いがチャーミングなマダラさん。

ガイに投げた求道玉を蹴っ飛ばし、ナルトが登場!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NARUTO 673話 「おれらで」

NARUTO 673話.jpg

ナルトはガイに手を当てただけで消えかけていた死門のチャクラを灯す。
さらに熔遁螺旋手裏剣で神樹をぶった切るナルト。
しかしマダラは切り倒された神樹を吸収、さらなるパワーアップに成功。
ナルト、サスケが揃ったところで戦闘開始!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NARUTO 674話「サスケの輪廻眼」

ナルトは磁遁螺旋丸、サスケは千鳥で攻めるが"輪墓"で対抗するマダラ。
どうやらサスケの輪廻眼では輪墓の影マダラが見えるようだ。
さらに輪廻眼の新しい瞳術に目覚めるサスケ。おそらく物質の空間転移?
2人の合わせ技でマダラを捕らえるが、それは影のマダラだった。
本体はカカシから写輪眼をひったくり、神威で時空間へ。
そこにいたのはオビト…!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ナルト 675話 「サスケの輪廻眼」

NARUTO 675話.jpg

襲い掛かるマダラ、咄嗟にサクラを神威で逃がすオビト。
だがマダラに掴まってしまい、輪廻眼を奪われてしまう。
さらにリンの死の真相を聞くことに。
実はリンを3尾の人柱力にして木の葉を襲わせる計画はマダラが仕組んだものだったのだ!
オビトが皆殺しにした霧の里の忍たちも全てマダラに操られていたもので、リンの死さえマダラが計画していたものだった。
オビトは老人に優しいから、そんな理由でオビトを闇に引きずり込んだマダラ。
そんな衝撃の告白を聞きながら、遂に輪廻眼を奪われる。

一方、ナルトはカカシの眼をほいっと再生。もはや忍術を超えてイリュージョンを見せつける。

カカシ「お前の本当の夢はなんだ?」
サスケは何も答えない。なんだか意味深な描写。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
NARUTO 676話 「無限の夢」

NARUTO676話.jpg

輪廻眼をゲットしたマダラがオビトと登場。しかしオビトはもう死んでるらしく、完全に黒ゼツに乗っ取られている。
マダラが地爆天星を披露。長門よりかなり強力。
ナルトも尾獣玉螺旋手裏剣、サスケは完成体須佐能乎を披露するなど、みんなパワーアップしたアピールが凄い。
そんなとき、マダラさんの額にあった第三の眼が開眼!
「世界を照らせ 無限月読!」

遂に無限月読スタート!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NARUTO 677話 「無限月読」

NARUTO677話.jpg

遂に無限月読が発動!
忍たちがどんどん夢の世界に囚われていく。
穢土転生の火影たち以外は全滅の模様。
さらに神樹界降誕で神樹を呼び寄せたマダラ。神樹が次々に忍たちを包み込んでいく…
サスケたちは、輪廻眼で作った須佐能乎で何とか無限月読の光を防いでいた。
そのころ、里の外れで目覚めるミナト。
ミナト 「うわっ、やべえ何これ…」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして今週号、678話。

何と黒ゼツがカグヤの意思であったと告白。
マダラの左胸を貫きます。
「ぐおおおおお」と苦しむマダラ。

来週はどうなるんだろう。
左胸って柱間の細胞があったあたりだから、再生しそうな気もするけど…

明日は水曜日。
英語の画バレが出たら翻訳してみたいと思います。お楽しみに。



  1. ナイスなまとめですね。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する