mobile_banner

【キングダム】 ネタバレ 最新522話 『左翼の絶望』 あらすじ 【→523話】

キングダム最新522話のあらすじネタバレ(文字バレ)です。

キングダム ネタバレ最新522話523話 画バレ

■王翦の放った強大なる策が発動!! 紀彗が大将を務める趙右翼に鋭き趙右翼に鋭き軍勢の槍を投げる!!

左陣の戦いの様子を遠くに見る王翦。

王翦「………」

兵士「王翦様」

「どうやら…」

「“左翼本軍”が攻撃を始めた模様です」

キングダム 522話 最新(01)

【趙 右翼紀彗軍 本陣】

兵士「くっ 紀彗様っ…」

紀彗「……」

兵「……」

「敵の第二波っ…」

「騎馬およそ五千が…」

「前線にまもなく突撃をっ…」

さらに別の兵士が叫ぶ「きっ紀彗様」

「その奥の敵軍の姿が見えてきました」

兵士「何っ」

「……」

「!?」

「何だ!? 二軍いるぞ」

紀彗「……」

兵「何っ 報告では一軍だったはず…」

紀彗「いや あえて一軍を“2つの波”に分けたのだ」

兵「えっ!?」

「………」

「な 何だ これは…」

紀彗「……」

「“波状攻撃”だ!」

兵「………」

■押し寄せる恐怖の波に絶望がうねる―――。

キングダム 522話 最新(02)

【麻鉱軍第二波 襲撃】

次々に趙兵を蹴散らす麻鉱軍。

「ぶっ」

「がは」

「ぐあっ」

「ギャアッ」

「くっ くそ」

「も もう新手が」

「どうなってる」

「ぎえっ」

「……ダメだ」

「隊形がズタズタに」

「!!」

麻鉱の側近「麻鉱様」

「第二波がうまく入ってきました」

麻鉱「うむ」

側近「黒羊で名を上げた紀彗軍」

「少々期待しておりましたが…」

「我らにかかれば大したことはなさそうですな」

「第二波まででここまで“一方的”になるとは」

「がぁっ」

「ヌオオ」

「兄者ァ」

麻鉱「“陽動”の功だ」

「………」

キングダム 522話 最新(03)

側近「楽華隊ですか」

麻鉱「ああ」

「噂のあの紀彗軍を」

「正直ここまで翻弄するとは思っていなかった」

「口だけかと思ったが」

「やりおるわ 蒙家の嫡男め」

【麻鉱の回想】

王翦、麻鉱と蒙恬の3人で作戦会議。

蒙恬「……左翼本軍到着までの“囮”の役目」

「しかと承りました」

麻鉱「分かっておるな楽華隊 蒙恬 重大な役目だぞ」

「全王翦軍の中で“最強の攻撃力を持つ”この麻鉱軍の力を」

「どういう形で趙右翼群にぶつけるかはお前達の働きにかかっている」

蒙恬「……」

キングダム 522話 最新(04)

麻鉱「フッ まァ仮にお前達が失敗しても」

「左が負けるということはないのだがな」

麻鉱の鋭い目線を、全く怯むことなく見つめ返す蒙恬。

麻鉱「……」

「フッ 王翦様」

「生まれの良さを鼻にかけた目つきをするこの若造に 何か囮となる策を一つ…」

蒙恬「必要ありません」

麻鉱「!?」

「何っ」

キングダム 522話 最新(01)

蒙恬「心配せずとも 楽華隊の戦い方できっちり麻鉱軍の“波状攻撃”につなげますよ」

王翦「!?」

麻鉱「!?」

「……」

「貴様 なぜ我が軍が波状攻撃をかけると知っている…」

王翦「……」

無言で笑みを返す蒙恬。

キングダム 522話 最新(02)

「最高の形を作って待っているので」

「そこからはしっかり頼みますよ 麻鉱将軍」

「もたついたら“主攻”の座をうちがもらいますからね フフ」

麻鉱「……」

王翦「……」

【回想終わり】

趙兵が麻鉱軍の波状攻撃に苦しんでいる。

兵士「…くっ」

「何だこの数は」

「やっ 奴らどれだけ大軍で来てるんだ」

「ギャぁ」

「くうっ」

ナレーション:
現場の兵士は 見えていなかった敵の奇襲を受けた時
その数を実際よりはるかに多いと錯覚してしまう

さらにそこへ
五千もの騎馬第二波が加わったことで紀彗兵は敵が数万にふくれ上がったような重圧を受け
大きく士気を下げさせられた

しかもこれが第三波 第四波と続いてくるのである
この強烈な波状攻撃をさらに横腹に喰らえば

もはやこの戦場の勝敗は
決したも同然である

趙の指揮官たちが明らかに劣勢を感じ取っている。

麻鉱「……フッ」

趙指揮官「……」

「………」

ナレーション:
だがこの軍の大将
紀彗がそれをさせなかった

キングダム 522話 最新(03)

紀彗「大至急 呂劇の騎馬一千を左から出せ!!」

「乱戦の場は無視して奥から来る第三波の左前方に突撃させろ!」

「右にいる馬呈を救いに行った一万は 馬呈を助けるまでは呼び戻すな!」

「馬呈と合流したら馬呈を将として同じく敵第三波の右へ突っ込ませよ!」

兵士「きっ 紀彗様…」

「ここから…立て直しを…」

紀彗「当たり前だ!」

納得できない表情の兵士たち「……」

「……」

「ならば本陣を後ろへ!」

キングダム 522話 最新(04)

「一度後退し前線を作り直さねば! 今は敵の勢いをまともに受けています」

紀彗「ならん!」

「退がれば敵の波はどこまでも追ってくる」

兵士「!」

「!」

紀彗「本陣は動かぬ全隊に 本陣死守の令を出し奮い立たせよ!」

兵士「!」

「…… ハ!」

紀彗「後軍を前に押し出せ」

「声の限り離眼のかけ声を上げさせながらだ」

兵士「ハ!」

紀彗「敵が少数であることも全隊に伝えよ!」

兵士「!?」

「し 少数!?」

紀彗「お前達は王翦の策にまんまと“乗せられている”」

兵士「!?」

「!?」

キングダム 522話 最新(05)

紀彗「大軍が押し寄せたと錯覚しているが 敵は五千ずつの四波」

「つまり二万で 対する我が軍は三万だ」

驚く兵士たち「!?」

「え」

「あっ」

「最初に居た五千と足しても敵は二万五千」

「我々の方が五千も…多い」

紀彗「総数で負けているから王翦はその差を奇策で埋めるしかなかったのだ」

「単純な戦力はこちらが上だ!」

「今の流れに押しきられさえしなければ…」

「この“数の差”と」

「“離眼兵の質”で必ず勝てる!!」

「巻き返すぞ離眼の男たちよ!!」

兵士「オオオオオオ!!」

ナレーション:
この時紀彗は
一つだけ事実に反することを口にしていた

キングダム 522話 最新(06)

最初の楽華隊の奇襲と麻鉱軍の波状攻撃で紀彗軍は数千の兵を失っており
兵力は同等か逆転さえしていた
無論そこは“承知の上での”檄である

紀彗「……」

ふと右方の戦場に目線を向ける紀彗。

「………」

兵「?」

「どうなされました紀彗様」

紀彗「………」

ナレーション:
だがこの戦局の移ろいの中で
実は麻鉱軍以上に紀彗が“脅威を感じる存在”が
“右に”あった

キングダム 522話 最新(07)

楽華隊 蒙恬である――!

退いていく楽華の騎馬隊。

「………」

「くそっ」

「馬呈を打ち損じた」

「せっかくの好機だったのに」

「いや仕方がない 一万近くも敵が来たのだ」

「馬呈一人を救うのにまさかあんな数を出してくるとは…」

馬呈も不肖な様子で引いていく。

「……」

蒙恬「……」

兵士「紀彗本軍には麻鉱軍が攻めかけているようです」

「我々はどうしますか蒙恬様」

キングダム 522話 最新(08)

蒙恬「…馬呈達が前方へ向かったということは 本陣は健在で波状攻撃の後ろを止めに行ったということか」

兵士「波状攻撃?」

蒙恬「中央軍の位置から二万の麻鉱軍を動かすなら軍を分けてから走らせる」

「そのまま波状攻撃に出るのが上策だ」

じぃ「!?」

「………」

蒙恬「どうやら紀彗軍は麻鉱軍の攻めに耐えている」

「つまりこれは…王翦将軍の“想定していた配置”になったということだ」

兵士たち「!?」

「えっ」

【紀彗本陣】

兵達が集まり、紀彗を囲んで作戦会議。

「最初の右の遊軍が挟撃してくる恐れがあると…」

「しかしあれは本軍襲来のための“囮”だったのでは」

紀彗「囮で終わらすには五千の隊は大きい」

「我々は今 秦左翼本軍の波状攻撃を止めるために全力を注がざるをえぬ状況だ」

「その状況下にある我々に対し 森の向こうで我々に対し森の向こうで遊軍となっているあの五千隊は」

「そのまま真横からでも背後からでも決定打を撃ち込むことができる」

「“最大の脅威”となってしまったのだ」

兵士「あっ」

「……っ」

キングダム 522話 最新(09)

紀彗(こうなるとこの戦局はあの遊軍隊の動き次第――)

(率いる将の才覚次第で大きく変わってくるが…)

(開戦からの動きを見てもあの遊軍隊の将は只者ではない――)

(それに何より“五千”という兵力がここにきて ことさら“大きい”)

兵士「紀彗様 ならば今直ぐ無理をしてでもあの五千を討つべく兵を」

紀彗「無理だ」

「その戦力を出せば 遊軍云々の前に波状攻撃の敵に我らは敗れる」

紀彗(…くっ)

(そこまで“読む”ことはできなかった)

(“挑発・陽動”の五千人隊が)

(秦左翼本軍襲来と我々がかみ合った戦局推移の末)

(“主役”にも化けられる存在になるなとど…)

紀彗「……」

兵士「紀彗様…」

「紀彗様…」

兵士たちの呼びかけにも応じず、グルグルと紀彗の脳内に思考が巡る。

紀彗(だが これは恐らく偶然の流れではない)

(信じ難いことだが左翼を五千で始めた王翦は)

(開戦前にここまでの盤面を描ききっていたということだ…!)

「………」

(何という戦術眼)

(これが秦軍総大将)

(王翦か…!)

キングダム 522話 最新(10)

【秦中央軍 王翦本陣】

王翦の元に報告が入る。

「麻鉱群攻勢です」

「しかし敵も拮抗の構えです」

ナレーション:
左翼の戦局が伝わったとき
王翦は小さくつぶやいた

王翦「やはり見えておったか」

兵士「?」

ナレーション:
そのつぶやきは左翼配置を伝えられたときの蒙恬の発言に対してである

蒙恬『もたついたら“主役”の座をうちがもらいますからね』

王翦「……」

キングダム 522話 最新(11)

ナレーション:
つまりあの時点で すでに蒙恬にも王翦と同じ盤面が見えていたのだ

蒙恬「一度敵の視界から消えようか」

「次の一手で大将紀彗の首を取る」

兵士「!」

「ハハッ」

■王翦と同格の戦術眼を見せつけた蒙恬。その煌めく才格で戦況と大軍勢を手玉に取る!!?

次号、いよいよ右翼にも火花が散る…!?

キングダム 523話 ネタバレへ続く!!

コメント

  1. 匿名 says:

    ヒャッホーイ言ってた蒙恬がこんなに立派になって胸熱

  2. 匿名 says:

    史実ではモウホンもモウカツも、この戦では死なない。オウテンはこの時期は最強の武将と言える。

  3. 匿名 says:

    蒙恬、どれだけじいちゃんやじぃに過保護にされてたんだよ。
    もっと前に脚光浴びてたろ

  4. 匿名 says:

    タイトルが紛らわしい!
    李牧の罠でもうてんがピンチかと思った!

  5. 匿名 says:

    李牧も当然このパターンは想定してるでしょ

    更に李牧が読んでる事を想定してる王翦さん

  6. 匿名 says:

    ホウケンって最初っから顔見せてること少なくない?

  7. 史実 says:

    王翦はこの時期最強の武将。負けない。
    蒙恬はこの戦で大功をあげる

  8. 匿名 says:

    蒙恬の軍って敵将討ち取れるような将はおらんのやろうか

  9. 匿名 says:

    リボクが何をやっても勝てない
    それがオウキのイトコのオウセンさん

  10. 匿名 says:

    人名の読み方めっちゃ間違えるやん

  11. 匿名 says:

    キスイは、本能型だから、これから覚醒するのかな?

  12. 匿名 says:

    ホウケンが出てくるとしてもこの戦ではないんじゃない?
    あ、でも王騎の時のような伏兵も考えられるか…

  13. 匿名 says:

    ギョウは落とされて無双かよ。

  14. 匿名 says:

    言っとくがな
    これ以降死ぬまで李牧は無双だぞ?
    何をどうやっても秦軍は戦場で李牧に勝てない

    オウセン「戦場以外で・・・」

  15. 匿名 says:

    ・史実としてホウケンは秦の鄴攻めの戦に参加し、以降は出てこない
    ・政から「必ずこの戦で大功をあげ、3人揃って将軍に昇格しろ」と言われている
    これらを踏まえ、信がホウケンとの戦いの中で王騎の矛を使いこなせるようになりホウケンを討って将軍になると

  16. 匿名 says:

    しかしオウセンもリボクも何手先までの戦いを想像して策を練ってるんだよな
    将棋で例えたらリボクがひふみん(加藤 一 二三)でオウセンが藤井 聡太みたいなもんだな!

  17. 匿名 says:

    紀彗さん、討ち死にの流れやな

  18. 匿名 says:

    左翼www

  19. 匿名 says:

    蒙恬への警戒心でリスイは足止め状態
    これって対合従軍で王翦を警戒したオルドの心理状態と同じ
    であれば、蒙恬は左翼にこだわらない戦いも選択肢として考えているはず。
    ところで
    王翦の素顔って側近なら知っているのか?

  20. 匿名 says:

    この後の戦いは、モウカツ、李信、オウホンが中心だからどんどん活躍するだろうな。

    李信は楚での負けが決定してるからどうしても見劣りしてしまう、、、

  21. 匿名 says:

    もう秦の圧倒的な国力に手遅れに近い状態
    統一の為に攻め続けて蹂躙あるのみ

    他国が局地戦で何度か勝っても大局では国力の差で終わり
    将の質と王の差も圧倒的だ

  22. 匿名 says:

    馬呈「城主!逃げてくれぇ!」
    麻鉱「やりおる、あれが馬呈だな・・・討つか」

    伝令「急報!紀彗と、その部下は生け捕りにせよとの事です」
    麻鉱「まったく、我が君は・・・行くぞ、皆の者ォ!」

    ドカッ

    馬呈「そこまで舐めるなよ」
    麻鉱兵「し・・・将軍ー!」

  23. 匿名 says:

    ホウケンとの対決は矛使いこなせてからがいい

  24. 匿名 says:

    つぎは右翼の戦いか

    王賁いるから安心だな

  25. 匿名 says:

    キスイも挑発であることは分かって敢えて乗っかったけど、ここまでの展開は読めなかったって書いてあるよ

    王剪、蒙恬の知略が勝っただけ

    しかし、マコウは何処かで死にそうなキャラだな

  26. 匿名 says:

    5千当てられる時点で中央から何かしらが来るのは分かり切ってると思うんだがそれすら読めてないのがな…

  27. 匿名 says:

    この戦で信。蒙恬、王賁は将軍になるはずだから
    信は後に出てくるホウケンを討って将軍になるんだろう
    そしてそこで戦が終わると。いいとこ持ってくパターン

  28. 匿名 says:

    これモウテン絶対信より先に将軍になれるだろ

  29. 匿名 says:

    モウテンつえー

  30. 匿名 says:

    多分、他の戦場も絡めて勝利までの戦術を編んでんだろうね、李牧は。
    絶対、終盤にどこかから伏兵が現れるよ、王騎のときみたいに。
    ただ、オウセンはそれすら読み切ってるんだろうけど。

  31. 匿名 says:

    漂と暮らした設定活かして、初期は意外と歴史人物とか知ってる面を見せたり
    崖に落とされた修行で戦術性も自然と身に付いてたり
    格上が一杯いてボロクソになっても突破口になったりしてたのに・・・
    今はもう頭テン任せのうえに、戦闘も手こずるか倒しても策士系とか

  32. 匿名 says:

    もう既になりかけてる気もするが…

  33. 匿名 says:

    おいおい ブリーチみたいな情けない主人公だけにはならんでくれよ

  34. 匿名 says:

    信はもうすっかり引き立て役だな。そろそろ主人公交代したほうがいい。

  35. 匿名 says:

    王翦と蒙恬は将棋やったら強そう

  36. 匿名 says:

    はやくキスイの首とって楊端和サイドの戦いが見たい

  37. 匿名 says:

    キスイの見せ場がないね

    李牧が助けに来ないと完全に詰みじゃん

  38. 匿名 says:

    王翦はこれを白紙から考えてるんやからハンパないな

  39. 匿名 says:

    秦中央軍から2万も引っ張ったんだし、紀彗側はリスクをとる展開じゃない

  40. 匿名 says:

    史実に基づいて信を無能にしてるなら蒙恬も政のお気に入りになる有能だしいいんだけどあまりにも信が酷い
    最低でもこの戦で第一武功を上げてこの先ちっとは頭使えるようにならんとキョウカイとの差が開く一方

  41. 匿名 says:

    ちょっとタイプミスが酷いと思うよ

  42. 匿名 says:

    主人公かわったんですねw

  43. 匿名 says:

    この漫画最後に王せんがホントに謀反でも起こしてそれを信が倒すとかでもしないと、この先、圧勝の連続で緊張感も、主人公の立場もなくなる笑

  44. 匿名 says:

    手薄になった秦中央軍はどうなるの?

  45. 匿名 says:

    個人の武力では王賁や信に劣るが、蒙恬は戦術の才覚が3人の中では一番優れてるな

  46. 匿名 says:

    紀彗は底が見えたけど
    ここから一度李牧が立て直すんやろな
    それでタンワ様の方へ場面チェンジ
    こっちより「ナントカ城に巣喰う勢力」が気になる

  47. 匿名 says:

    キスイなり李牧なりのカウンター展開かと思ったら
    ほぼそのままボコボコにされて蒙恬上げで終わるとは・・・

  48. 匿名 says:

    麻鉱がやられ役の顔してる

  49. 匿名 says:

    まだ史実とか言い出すやつおんのか。

  50. 匿名 says:

    この蒙恬と手を組んで楚に大敗した信は無能極まりないな
    信がいなきゃ王翦がもっと早くに統一してたんじゃないか

  51. 匿名 says:

    前回のネタバレアップと同じパターンだね
    文字バレのテキストはただ今打ち込み中ですな
    サンクス!

  52. 匿名 says:

    文字バレ(画バレ)

  53. 匿名 says:

    リーボック何してんの
    まあ中央と逆サイドが手薄になるのは気づくだろうけど

  54. 匿名 says:

    王翦の策を読みきったとか蒙恬はやはり天才だな
    それにしても細かい文字が読みづらい

  55. 匿名 says:

    なぜ絵?

  56. 匿名 says:

    蒙恬は史実でもできるこだったからageてもまぁいいかで許せる

  57. 匿名 says:

    今回、絵がおおいね!

  58. 匿名 says:

    蒙恬かっけーー

  59. 匿名 says:

    我はホウケン