mobile_banner

【キングダム】 ネタバレ最新524話 確定『覚悟の比重』 あらすじ 【→525話】

キングダム最新524話のあらすじネタバレです。

最新47巻(7/19)発売の表紙は楊端和。

カラー扉絵は王賁。

『ただひたすらに、真摯に矜持を貫いて──』


秦軍右翼、第一陣は王翦配下の第一将 亜光。

■王翦軍第一武将・亜光による突撃!!

烈火の如く突き進むその威圧的攻撃に趙軍は・・・!!?

【玉鳳隊】

王賁、関常らもその戦いに注目している。

「……っ 敵と亜光軍がっ」

「ぶつかるぞっ」

亜光「オオ」

ド ゴギァ

ボゴゴ ゴゴゴ

「ぐわっ」

「ビヒィ」

「あ‶っ」

「ぶわっ」

「!!」

「ギア」

玉鳳隊兵「ぐっ」

「まともに・・・」

王賁&じぃ「・・・・・・」

玉鳳隊兵「これは・・・両軍共に・・・」

関常「いや」

王賁「!?」

関常「亜光軍は」

「ここからが強い」

なんと亜光軍は先頭の自軍兵士を踏み潰しがらどんどん進軍していく。

驚く趙兵士。

「なっ こ…こいつら」

「”味方の兵士ごと”…」

驚愕するじぃ「じっ 自軍の兵も関係なく踏みつけて突進するじゃと!?」

関常「そうだ」

王賁「……」

関常「後ろから来る騎兵は前に〝何がいようと〟絶対に馬の脚を落とさぬ」

「たとえ そこに親や兄弟がいたとしても」

「・・・・・・」

「〝全速力〟だ!」

「その非常な程の躊躇の無さが相手側と大きな力の差を生む」

「故にこれまで亜光軍は正面からのぶつかりで負けたことが一度もない!」

玉鳳隊「あっ見ろっ 亜光軍が圧倒的に」

「押し込んでる!!」

何人もの趙軍の首をはねる亜光

ドパ

趙軍兵「ギャッ」

亜光「・・・・・・」

関常「……玉鳳の騎兵も正直 今や全秦軍の中でも指折りの実力だと思います」

「──が あそこまで勝負に徹する冷酷さはさすがに持ってはいない」

「父君の第一将の軍は あなたが思ってるより何倍も強いですよ 若」

王賁「……」

亜光軍「前にいるもの全てを薙ぎ払えェイ!!」

「オオ」

【趙軍】

兵士「岳嬰様 右方が大きく敵に押し込まれています」

「左方もです」

岳嬰「……」

兵士「…バカな」

「我々の所以外劣勢に…」

岳嬰「……」

(前攻に特化した軍か…)

「少々甘く見ておった」

「行くぞ!」

「敵将に近づき まずは奴らの足を止める」

兵士「ハハァ」

その岳嬰軍の様子を見ている、馬南慈と趙峩龍。

馬南慈「趙峩龍殿 なぜ第一陣を岳嬰に譲られた?」

趙峩龍「……」

「岳嬰とその軍は強い」

「その軍がまずぶつかれば敵の力量が測れるからです」

馬南慈「ハハ 私も同じ考えであった」

「そして早くも敵が二万と見て侮ってはならぬ相手だと分かりました」

馬南慈「同感だ」

そう言いながら馬を前に進める馬南慈

ドゴラ

「では第二陣が私が」

「月宝」

月宝「ハッ出るぞ」

馬南慈軍「オオ オオオ」

趙峩龍「少々早いのでは」

馬南慈「なァに…」

「私は北方育ちで なかなか愛国心とか言われるとピンとは来ぬのだが」

「さすがに今回の秦の侵攻には 思う所がありましてなァ」

「奴らはこの一国を滅ぼすつもりで来ている……」

「道を踏み外す程に思い上がった愚か者共に」

「実はずっとこの馬南慈の怒りの鉄槌を喰らわしたく思っておったのですよ」

亜光軍「押せェ」

「押し込めェ」

趙軍「ぐはァ」

亜光軍「殺せっ」

「亜光軍の力を趙軍に叩き・・・」

「つけぼっ」

馬南慈の槍の一撃で幾つもの頭が飛ぶ。

「!?」

「えっ」

「あっ!」

「左っ」

「敵襲っぐあっ」

【亜光軍 第二陣(兵五千)】

「! 敵の別働隊が左からっ・・・」

「くっ まずい」

「第一 第二隊 助けに行くぞ」

「ハ!!」

ドドドド

亜光軍 第二陣兵「!」

「ん!?」

「左奥から こちらに向かって敵が来ます」

ドドドド

「何っ!?」

ナレーション:

参戦してきた馬南慈は軍を主攻三千と助攻七千に分け

助攻七千を援軍に出るであろう亜光軍第二陣にぶつけ壁を作り

主攻三千で亜光軍第一陣の脇腹に強烈な横撃を加えた

趙峩龍(……)

(ただの武偏重の猛将ではなく 戦術眼も鋭い)

(……やはり)

(あの李牧様が副官に据えるだけのことはある)

(……)

(これで持ち合わせる”武”が介子坊や廉頗に近しいとするなら馬南慈は…)

(この李牧軍 対 王翦軍の戦いそのものの勝敗のカギを握る男やもしれぬ)

亜光軍「亜光様 左で異変が!!」

「敵襲を受けている模様です!」

亜光「・・・・・・」

【亜光軍 第二陣】

亜光軍「ヌオオ 亜光将軍を助けに行かねば」

馬南慈軍「行かせるか 死ねェ」

亜光軍「ぐあ」

「くそ ダメだ こいつらを抜けぬ・・・」

「ぶお」

ナレーション:

・・・・が

その時、・・・

乱戦中の亜光軍第一陣と第二陣の間の空間を疾走する騎馬隊があった

ドドドドド

亜光軍「ん!?」

馬南慈軍「!?」

「!?」

「何っ!?」

「合間を騎馬隊が」

「〝どっちの〟隊だ!?」

「どこから来た!?」

「・・・・・・」

ドドドドド

「馬南慈様 外に我々と並走する騎馬隊がっ」

「あれはっ 味方ではありません!」

岳嬰も並走する騎馬隊に気づく

「・・・・・・」

岳嬰「……」

王賁「ここから入るぞ」

兵士「オオ!」

岳嬰(中間を討って前(儂)を孤立させる狙いか…!)

「千備 右より新手だ」

兵士「! ハ!」

槍で突きまくる王賁

趙軍兵「!」

「!」

関常「後で亜光将軍から説教ですな」

王賁「うるさい」

ナレーション:

劣勢の危機的瞬間に飛び込んだ玉鳳隊!!

指令放棄ながら戦況を一変させた王賁の手腕は如何に!!?

次週へ。

キングダム 525話 ネタバレへ続く!!

コメント

  1. 匿名 says:

    王賁カッコいいけど、背中の剣そろそろ使って欲しいな
    邪魔だろ

  2. 匿名 says:

    王賁さんに指圧してもらいたい

  3. 匿名 says:

    最後の悪あがきって感じで滅ぼすどころの話じゃなかったけどな

  4. 匿名 says:

    ※54
    え、合従軍のときこの戦いで秦滅ぼすって言ってたけど…
    秦が悪いからノーカンって言いたいのか?

  5. 匿名 says:

    全く違います。合従軍は秦が山陽を拠点に一気に他国を攻め滅ぼす事ができる事に勘付いた李牧が敵国に事の重大性を説明し楚の宰相が李牧の考えに強く同意し起こったものです。合従軍は侵略軍ではありますが、合従軍本来の目的は秦の王手を潰し楔を打ち込む為のものです。今回の超への侵略戦争は敵国を滅亡させる。中華統一への足かがりとするための戦争です。

  6. 匿名 says:

    >李牧も合従軍で同じことしてたじゃないか
    合従軍も中華統一させない事が目的だったわけだしそれはまあ…
    そもそも道理で言ったら李牧は一番タチ悪い万極をわかってて使ってたし
    その上でセイを罵ってるから今更言うまでも無く既におかしい

  7. 匿名 says:

    >奴らはこの一国を滅ぼすつもりで来ている……

    李牧も合従軍で同じことしてたじゃないか

  8. 匿名 says:

    ドドンドンドンドン♪

  9. 匿名 says:

    王賁、蒙恬、信は独立遊軍。
    何かあった時に自分の判断で動いても良いとされている。

  10. 匿名 says:

    槍で突きまくる王賁がなんか草

  11. 匿名 says:

    あの弓矢兄弟に超遠距離射技で李牧狙わせれば決着

  12. 匿名 says:

    ヒョロガリ糞雑魚「ヤリシュババッッww!」
    恵体の猛者汗明様「フンヌッ!!!!!」

    やっぱ汗明様が至強ってわかんだね

  13. 匿名 says:

    李牧側の一方的に不利な状況が続けば、挽回はきびしいだろうな。どこかに伏兵を隠しておける余裕はないはず。しかし、これで決着がつくはずはありえない。そろそろ李牧側の反撃が始まらないとストーリーの展開上面白くならないw

  14. 匿名 says:

    亜光がこのまま無策だったとしたら無能極まるんだけど王翦の懐刀なんだからさすがにそれはないよな…

  15. 匿名 says:

    キングダムのキャラは全員
    同じような切れ目になっていくな

  16. 匿名 says:

    趙も確かにそうだけど、秦側も噛ませにしか見えないの露骨に出張ってるし
    今更誰が重傷だの討ち取られただのやっても手遅れだと思うが・・・

  17. 匿名 says:

    至強は誰だ?

  18. 匿名 says:

    汗明将軍を超えるインパクト武将が最近いないな〜

  19. 匿名 says:

    王賁の槍さばきの描写カッコイイー
    この戦で将の器に磨きがかかりそう
    蒙恬もね

    信はまだまだ先かな?

  20. 匿名 says:

    中間の詳細が抜けてるぽっいが、王賁が独断で動いたっ事はないだろ
    亜光に散々釘さされてたし、王翦からお目付役として派遣されてる関常がスタンドプレーならいさめるだろ

  21. 匿名 says:

    これ、おーほんは独断で動いたってこと?

  22. 匿名 says:

    今回詳細バレくんの遅ない?

  23. 匿名 says:

    >この戦の最後にはきっとホウケンさんが来てくれるだろ、最期の舞台として

    ホウケイさんが来るの?
    仮性の星から?

  24. 匿名 says:

    秦軍も、そこそこ強そうな将軍やじいあたりが討ち死にもしくは戦線離脱を余儀なくされる位の重傷を負わないと、趙軍が皆かませにしか見えなくなってしまう気がする。

  25. 匿名 says:

    まあ武だけならいいんじゃね?
    つっても蒙恬によくて相打ちいわれてるかいしぼう・・・

  26. 匿名 says:

    李牧サイドの軍略が気になる!

  27. 匿名 says:

    介子坊と廉頗を横並びに語るのはマジで草

  28. 匿名 says:

    まさかゴールデンカムイは休載っすか?
    ネタバレこない…

  29. 匿名 says:

    次週はヨウタンワの戦場かね?

  30. 匿名 says:

    噛ませのオンパレードかよ・・・
    盛り上がってる風の構成なのに全然ワクワクできねえ

  31. 匿名 says:

    李牧以外の敵将はぶっちゃけ2流メンツしか使えないから数多くしてバランスとってる
    この戦の最後にはきっとホウケンさんが来てくれるだろ、最期の舞台として

  32. 匿名 says:

    我はホウケイ?

    仮性の星から来たと?

  33. 匿名 says:

    将軍になる為に武功上げないといけないけど
    ガクエイじゃ大した武功にならなさそうだし
    ジジイのどっちかを仕留めるんかな

  34. 匿名 says:

    こりゃ王賁のせいで右は負けるな・・・

  35. oneone-piece editor says:

    ん?バナンジのようにも見えるな

  36. 匿名 says:

    最後の方気付いたのはバナージでしょ

  37. 匿名 says:

    短い

  38. 匿名 says:

    なぬ

  39. 匿名 says:

    我 醜チン ホウケイ也

  40. 匿名 says:

    アコウは死ぬだろうなあ

  41. 匿名 says:

    ここから入るぞ、の前の「・・・」はガクエイではなくて馬なんとかでしょ。

  42. 匿名 says:

    手の内見せるとコロされる。
    場何時さようなら

  43. 匿名 says:

    最近なんか展開ってか
    構成が悪くね?退屈だし、短く感じる

  44. 匿名 says:

    殺されかけながらも天下一の槍使いの紫伯を倒した
    王賁が、なぜか岳嬰と互角だったりしそうで怖い

  45. 匿名 says:

    紫伯より強い王賁が苦戦する姿が見えない…

  46. 匿名 says:

    早漏

  47. 匿名 says:

    オウホン出るの早すぎ!
    孤立するかもしれない。

  48. 匿名 says:

    ガクエイとオウホンどっちの槍使いが勝か、一騎打ち楽しみ。

  49. 匿名 says:

    馬南爺せいぜい怪死棒と互角やろな
    紫伯より強いとは思えん

  50. 匿名 says:

    馬南慈 副官って鶏舎の変わりなのか
    劣化ホウケンにしかみれんが・・・

  51. sunrise says:

    ワクワクしてきた

  52. 匿名 says:

    777激アツ

  53. sunrise says:

    かっこええな

  54. 匿名 says:

    オウホン命令違反だぞ~!まだ待て!!

  55. 匿名 says:

    今回も短い

  56. 匿名 says:

    我はホウケイ。

  57. 匿名 says:

    わくわく