mobile_banner

【ブラッククローバー】 ネタバレ最新119話 『もっと』 あらすじ 【→120話】

ブラッククローバー最新119話のあらすじネタバレ(文字バレ)です。

ジャンプGIGAvol4(7/28発売)、表紙はブラクロ。


※marumaru.inより画像転載。

■勝利への一撃!!

『魔晶石(クリスタル)破壊!! Iチームの勝利―――!!』

Iチームの魔法騎士「幻鹿の団長が二人倒してくれたから上手く勝てたな…ところであの人は一体何を………」

う~~~~ん…と悩んでいるリル。

ボロボロになった会場を歩き回り、1人反省会。

「ここもっとこうしてたらよかったな~」

「いや…けどここはなかなか」

「う~~んやっぱりまだまだだな~~~~」

味方(いや…試合に集中してくんない!!?)

(オレ達がしっかりしなければ…)

じい「大魔法騎士なのにしっかりしてないが故周りの皆が頑張る…」

「それが坊ちゃまの才能です――!!!」

アスタ「なんじゃそりゃァァァァァァァ」

『続いて一回戦第6試合…

『次の試合やりますので早くどいてくださ――い』

リル「もっと見たいよー」

味方に引きずられ、会場を後にするリル。

『ラック・ポルティア

黒の暴牛

 五等下級魔法騎士』

ラック「やっと僕たちの番だ―――!! みんな凄かったな~~~~!!」

「う~~~ん楽しみ!!!」

ラックがワクワクしている。

『クラウス・リュネット

 金色の夜明け

 三等中級魔法騎士』

クラウス「これは王撰騎士団員(ロイヤルナイツ)を選定する為の試合だぞ」

「もっと真面目に挑まんか!」

「くれぐれも勝手な行動をするなよ…!」

ラック「そんなかたいこと言わず楽しもう!」

クラウス「ええいやかましい!」

レブ(コイツら…)

『プーリ・エンジェル

 碧の野薔薇

 四等上級魔法騎士』

プーリ(クレイジーボーイに堅物クールメガネ ヤバそーじゃん!!)

(まったく…このチーム大丈夫かしらね~~~~~~)

「まぁ当たって砕けろね――!!」

『性格:ハイテンション』

「全員最高のパフォーマンスをかましましょう!!」

クラウス(な…何だこのノリの軽い者は!!)

(これは…私がしっかりしなければ…)

ラック「それじゃあみんなの魔法の情報を共有して作戦を立てようよ!」

クラウス「…!! そうだな」

観客「この対戦の要注意人物は…」

「団一の機動力と言われる風魔導士…」

「銀翼の大鷲 二等上級魔法騎士 ロブ・ヴィテスだな…!」

『一回戦第6試合開始―――!!』

観客「激しくなってきたな…!」

「両チーム全員フィールドの中央で」

「魔法の乱打戦だ……!!」

クラウス「おおお―――!!」

敵の攻撃を壁で防ぐクラウス。

しかし敵は液体に乗り、壁を回り込む。

ラック「!!」

敵「くらえ――――」

「ぐわッ!!」

しかしラックが一瞬で回り込み、その攻撃を防ぐ。

アスタ「おお!」

「魔法の形が変わってる!?」

マグナ「魔導書(グリモワール)に追加ページ足して進化させやがったんだよ…!」

パリパリ…と手の中に雷を集めるラック。。

 ラック「雷魔法“迅雷の崩玉”」

 観客「何だあの攻撃力は…!!」

 「やはり…!! もはや下級の実力ではない―――!!」

 マグナ「ここ数ヶ月でしこたま任務こなしてそのたび強くなってんだ…オレもラックも」

「下級レベルでおさまってるワケねーだろーが!!」

クラウス(もともと中級クラスの実力があったが…)

(なるほど…更に強くなったか…)

(だがそれは私もだ!!)

(アスタを見習い 魔法も肉体も精神も鍛えた―――)

(たとえ努力が私を裏切ろうと…)

「鋼魔法“旋貫の烈槍”」

(私は努力を裏切らない!!!)

敵の持つ岩石を破壊するクラウス。

アスタ「うおおおおおクラウス―――!!」

ラック「イイね~~~この試合が終わったら僕とヤろうよ!」

クラウス「馬鹿なことを言ってないで試合に集中せんか!」

とそこでクラウスが敵チームの上級騎士に気付く。

(来たか ロブ・ヴィテス)

(魔晶石(クリスタル)は後方に残してある…!!)

クラウス「敵三人を突破し一気に魔晶石(クリスタル)を破壊するぞ!!」

ラック「おお―――!!」

上空へ飛ぶプーリ「アンタ達」

「なかなかイ~~じゃないの!」

「翼魔法」

アスタ「フツーに飛んでるー」

プーリ「“天使の羽ばたき(エンジェルフラッピング)”!!」

(敵には攻撃!!)

敵チーム「うわぁ」

(味方には)

(追い風を!!!)

プーリ「行け――ラック!!!」

風に乗って飛んでいくラック。

ラック(あぁもう 楽しいなぁ!!!)ゾクゾク

クラウス「よし!!抜け―――」

そこに立ちはだかるロブ「最終的には個々の力の差が」

「勝敗を分ける…」

プーリ(私の魔法で全く動じてなかった!!)

「マズイ…クレイジーボーイ―――」

ラック「もっと」

ロブ「疾――――」

ラック「ヤろう!!!!」

一撃でロブごとクリスタルを破壊するラック。

観客「なああああああ!!? 一撃だと―――!?!」

『魔晶石(クリスタル)破壊!!』

『Kチームの勝利―――!!!』

ラック「あ~~~すごく楽しかった♪」

クラウス「ラック…!! 貴様…!?」

「うおおおおおお!!」

プーリ「PONPO~~~N!! アンタ達サイコーじゃなァ~~い!!」

アスタ「ラック…!!」

「あのヤロォ~~強くなりすぎなんだよ…!!」

リル&ラック「「次の相手は…」」

ラック「もっと楽しそう…!!」あはは

リル「もっとイイ絵が描けそう…!!」あふふ

次号、センターカラーでユノチーム登場!

ノエルは兄に勝てるのか!?

さらに暴牛団員の声優発表!

おまめ:新刊表紙。

ブラッククローバー 120話 ネタバレへ続く!!

コメント

  1. 14.

    このサイトなんでブラクロなんて推してるんだろ
    コメントも全然つかねーじゃん

  2. 13.

    カズレーザーの次は渡辺直美が出てきただと…

  3. 12.

    割と好きな漫画だけどいつも思うのは魔法騎士団なのに頭がスッカラカンの奴多すぎね?

  4. 11.

    本バレ来ないぞ

  5. 10.

    木→柱間
    火→サスケェ
    氷→青雉
    だな

  6. 9.

    吹いたwww

  7. 8.

    これはいいww

  8. 7.

    想像力で死神と虚を超越しやがった

  9. 6.

    想像力超えすぎだろww

  10. 5.

    黒棺!

  11. 4.

    懐かしすぎワロタ

  12. 3.

    久々にいい嘘バレじゃん

  13. 2.

    2?

  14. 1.

    1